So-net無料ブログ作成
検索選択

惑星ニビル 最新情報 [ニュース]

惑星ニビル 最新情報


昨日(8/23)に放送された「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された惑星ニビル★


その内容は・・・

現在、この地球に46億年の歴史上、最大の危機が忍び寄っているというもの。

今年(2012)の年末に未知の惑星が地球に大接近し、
人類は滅亡の危機にさらされる可能性がある!!

その惑星がニビル☆


1982年、NASAは「太陽系に未知の惑星Xが存在する可能性がある」と、
公式に発表。

ですが、この時点ではまだ惑星ニビルの存在は、推測の域を超えなかった。

世界中の天文観測家が調査しても、その惑星をとらえることはできなかったのです。


NASAの発表から6年後、惑星ニビルの研究を続けていたロバート博士が
衝撃的な発表をする。
ニビルの大きさは、地球の4~5倍★

質量は20~25倍、密度は100倍★

約3600年周期で、太陽の周りを回り、他の太陽系の惑星とは全く異なり、
極端な楕円を描いているという。

そしてその天体は『褐色矮星』ではないかと分析。

褐色矮星とは・・太陽のような『恒星』になりきれなかった星のことで
明るく輝かないため、天体望遠鏡でその姿を捉えることは難しいとのこと。


ロバート博士は、惑星ニビルをどうしても撮影すべく
ニュージーランドへ出発しようとする、その前日に不可解な死を遂げる。


死因は「背中のがん」と発表されたが、前日まで元気な人間が
突然がんで死ぬことは考えにくく、殺されたのではないかと・・・

そしてその殺人にはNASAが関わっていると囁かれている。


ロバート博士がNASAにとって都合の悪い、『重大な情報』を握っていたのでは・・


他にも惑星ニビルの研究者が謎の死を遂げている事例が何件もあり
なんらかの組織が絡んでいると思われる。


『惑星ニビル』の調査は、アメリカ政府にとって何か都合の悪いことがあるのだろうか?

とはいえ、ニビルの存在はたくさんのメディアが取り上げ始めていて
大きな反響を巻き起こしている。


それでもやはり「仮説」「推測」の過ぎないのでしょうか?


今年の年末・・・


何も起こらないことを祈りますが、惑星ニビルの存在は信じたい。


宇宙には私たち人間が調べきれないことが多々あり、
これからも完全には知り尽くせない神秘であってほしいと
個人的には思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。